FC2ブログ

お店日記

横浜で日用雑貨のお店をしている店主のブログです。 商品や、お店のこと、日々の気づきを書いていきます。

茶箱あります  

桜が見頃ですね。
春分の日の雪が嘘みたいです。

ちゃばこ

茶箱は、茶葉の保存と流通に伝統的に用いられてきた木製の箱です。
5kg、10kg、20kg・・・など、サイズはお茶の葉が入る量を示しています。
茶箱がお茶の流通にあまり使われなくなったり、
作り手が少なくなってしまったりして、最近では見る機会は減ってしまいました。

茶箱1

茶箱は、茶葉を入れる以外にも使い方は沢山あるのです。
密閉性に優れていて丈夫なので、防虫剤を入れて洋服の収納にも適していますし、
洋服だけでなく、部屋の整理用でなんでもとりあえず入れておく箱でもいいですし。
サイズによっては、台所でキッチンクロスを入れたり、乾物を入れるのも適しています。
綺麗な作りで見栄えが良いので、その辺に置いておくだけでも良い眺めです。
箱は積んでも大丈夫。

茶箱2

わたしは10kg深を2つ持っていて、
季節が過ぎてしまった、お店の小物や衣類を入れています。
ただ10kgサイズでも沢山入れると重いので、
40kgサイズに沢山入れると相当重くなりそうです。

素材は杉で、
建築資材用に切り出した木のうち、
節や曲がりがあって適さなかった間伐材を使用しています。
内側にはトタンがはられているので、
外気や熱を遮断し、湿気や虫害から内容物を護ります。

気になる方はぜひ、見にいらしてください。

*******
《値段は税抜き》
5kg平  幅350×奥行245×高さ140 7,000円
10kg平  幅425×奥行295×高さ180 8,300円
20kg平  幅515×奥行365×高さ215 10,700円
40kg平  幅680×奥行435×高さ280 13,700円

5kg深  幅350×奥行245×高さ265 7,500円
10kg深  幅425×奥行295×高さ325 8,900円
20kg深  幅515×奥行365×高さ365 11,600円
40kg深  幅680×奥行435×高さ485 15,400円
スポンサーサイト

category: 東屋

tb: 0   cm: 0

ひょうたん  

東屋の豆皿入荷しました。

ひょうたん

ひょうたん・扇のほかにひまわり・たんぽぽ・木瓜があります。
お醤油や薬味を入れたり、小さなお菓子を入れたり、
アクセサリーを入れたり、使い方は様々。
印判はひとつずつ手で貼っているので、ひとつずつ掠れ具合が違っていて面白く、良い味を醸しています。
昔からある形と青の模様は、落ち着きとかわいさを備えていて、
食卓にしっくりなじみます。


最近読んだ、万城目学の「とっぴんぱらりの風太郎」にはひょうたんが沢山でてきました。
大阪冬の陣 夏の陣を舞台にした忍者のお話で、
結末は少々辛いものがありますが、
しかし「プリンセストヨトミ」に繋がっていくのを想像すると、少しだけ救われます。
集中して一気に読んでしまうほど面白くて、
私の中の万城目ランキング1位の「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」に並ぶ程、
気に入りました。

この物語には『ひょうたん』が印象的に登場します。
豊臣家の馬印、ひょうたんのような人物、入れ物としてのひょうたん。
ひょうたんの末広がりの形は、古来よりとても縁起の良いものとされ、
除災招福のお守りや魔除けとして広く用いられているそうですよ。

ひょうたんの豆皿は贈り物としてもおすすめです。
お時間のある方は、「とっぴんぱらりの風太郎」もおすすめです。

category: 東屋

tb: 0   cm: 0

東屋 ジューサー  

最近、うちでよく使うのがこのジューサー。
ジューサー
ジューサーなんて使うの?
いちいち手で絞るの?
なんて思っちゃうのですが、それがなかなか便利。

フレッシュなレモンやオレンジを絞って、レモンスカッシュやオレンジジュースを作ったり、
お酒に少し入れても美味しいし、
ドレッシングをつくっても良し。
機能的な道具だけれど、テーブルに置いたままでも悪くない見た目の可愛らしさと、
お話しながらすぐ絞れる便利さに、
私の中で、食卓のスタメンに入っています。
ジューサーとレモン
良く絞れて、注ぎ口の切れ味が良いのも、気に入っている点。
割と沢山入るし、軽くて、扱いやすいです。手軽なのが一番!
これから夏にかけて、さらに使い込むこと間違いなし、な予感。

プレゼントにもいいかもです。
かぶることないし、あると便利で使うから、おすすめです。

値段は3,024円(税込み)
お店では実物ごご覧いただけます。

category: 東屋

tb: 0   cm: 0