お店日記

横浜で日用雑貨のお店をしている店主のブログです。 商品や、お店のこと、日々の気づきを書いていきます。

貫入  

nanamentで扱っている器は、陶器と磁器が多いです。ガラスも少し。
それぞれに良さがあるので、こだわりがなければ、
使う場所や使う人によって分けるのが良いように思います。

陶器の特徴は、使ううちに貫入が色づいてくることです。
磁器にも多少はあるのですが、あまり目立ちません。
私が使っている船串さんの器も、貫入が育ってきました。

貫入

ご存知の方も多いと思いますが、
貫入とは、焼成後の冷却時に生じた釉のひびの模様です。
器の傷ではないので、不良品ということではないのです。
毎日つかうほどに貫入に色がしみ込んでいき、
少しずつ浮かんでくるその模様は、ひとつとして同じものはありません。
使う方が育てる、そんな表現がぴったりだと思います。

もし、貫入が衛生的に不安であれば、
鍋で10分くらい煮沸すれば問題ないと思います。

他にも、器の汚れなどをしみ込みにくくするために、
米ぬかまたは米の研ぎ汁を入れ、器が踊らない程度の火加減で20分程度煮沸し、
そのまま一晩おいてください。
使う前に、水やお湯に浸して水分を含ませてから使うと、
料理の汁や油がしみ込みにくくなります。

磁器の良さは、陶器に比べて軽くて扱いやすいところだと思います。
うちが扱っているものに限っていえば、食洗器の使用も可能です。
また、磁器は繊細な形が作りやすいので、薄くてデザイン性に富んだものが多いです。
器が軽いって、結構なポイントだと思います。
重いとどんなに気にいっていても、なんとなく使わなくなっちゃったりしますから。

器によって、個性は様々です。
私も少しずつですが、
たくさんの器を見て触って使って、勉強していきたいと思います。
スポンサーサイト

category: お皿

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nanament.blog.fc2.com/tb.php/45-e594ef6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)